本文へ移動

 球団が発表するけが人の情報が明らかに変わった。7月までは痛めた状況を示した上で、「左ハムストリングス…(高橋雅人)

2020年9月13日 10時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「体幹のコンディショニング不良」で戦列を離れたロドリゲス

「体幹のコンディショニング不良」で戦列を離れたロドリゲス

 球団が発表するけが人の情報が明らかに変わった。7月までは痛めた状況を示した上で、「左ハムストリングス1度損傷」や「右内腹斜筋損傷」のように診断名を出していたのが8月以降は「コンディショニング不良」に統一されたのだ。
 8月6日の梅津は「上肢の―」、同23日の福田は「下肢の―」。9月11日のロドリゲスは「体幹の―」といった具合。字面からはどこをどうやって痛めたのか分からない。必然的にあの手この手で探って紙面でお伝えすることになる。
 心苦しいのは犯人捜しが始まること。「普通に発表すれば何も起きないのに」とも思う。方針転換は現場の指示だという。「上が言っているからしかたない」とは社内でもよく聞く言葉。共通する風土とはいえ、何とかしていきたいものだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ