【岐阜】土岐のクラスター、新たに5人

2020年9月13日 05時00分 (9月13日 05時00分更新) 会員限定
 県は十二日、新たに土岐市、多治見市、可児市、各務原市の六人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計五百八十人となった。県が十一日に確認した土岐市のクラスター(感染者集団)では、新たに五人の感染が判明。計十一人に増加した。
 クラスターでは、十一日に感染が発表された土岐市の三十代の自営業男性と同居する四十代の妻と小学生の娘が新たに感染。この女性は同市内の病院に勤務する看護師だが、患者と接する機会は少ないといい、同僚十二人を検査する。
 この家族と一緒に食事をした市内の小学生女児も陽性となった。土岐市は女児二人が通う肥田小学校を十四日、休校とする。校内を消毒し、二人と同じクラスの児童や教員ら四十七人を検査する。一方、児童生徒の感染が判明したため十一日を休校とした下石小学校、西陵中学校は、検査対象だった全員が陰性だった。十四日に授業を再開する。
 このクラスターでは、十日に感染が判明した土岐市の四十代女性の職場の同僚である多治見市の五十代女性、客として接触した可児市の六十代男性も新たに感染した。同職場に関係する七十九人を検査する。このうち既に十七人を検査し、十五人が陰性だった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧