4―3―3は完成形に近づいてきた!FC東京・高萩が攻守ともに”コントロール”観客制限も”味方”に

2020年9月12日 14時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
的確な指示でチームを勝利に導くMF高萩

的確な指示でチームを勝利に導くMF高萩

  • 的確な指示でチームを勝利に導くMF高萩
  • 神戸戦の予想スタメン
 FC東京のMF高萩洋次郎(34)が11日、敵地での神戸戦(12日)を前にオンライン取材に応じ、今季から取り組む4―3―3システムの手応えを語った。
 青赤の司令塔は、残暑も厳しい中で「体力的な部分ですべてのプレーでフルパワーを出し切るのが難しい」と言い、「悪いときに我慢強く、いいときに得点を取れるように。ここだという時にパワーを使えるよう攻守で心掛けている」と語った。
 その見極めを素早くチームに伝えるのに、経験豊富な高萩の声掛けが大きな力になっている。「観客が制限されていて声が通るので、コミュニケーションはスムーズ。戦術的な話はしやすい」。細かな修正をピッチで行い、新システムは完成形に近づきつつある。背番号8は「個人として行くところと、バランスを取るところの見極めだったり、攻守両面で慣れてきた」と、手応えを口にした。
 今節対戦する神戸との昨季・敵地戦では、貴重な先制点を記録している。高萩は「昨季とは別のチーム」と前置きした上で、「どこかでチャンスがあれば、ゴール前に入っていきたい」と、ゴールへの意欲も語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ