本文へ移動

武藤嘉紀は移籍決定的か…ニューカッスル指揮官「どこかへ行ってプレーしなければならないだろう」今季の構想外”明言”

2020年9月12日 12時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤嘉紀

武藤嘉紀

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が11日、FW武藤嘉紀(28)について「どこかへ行ってプレーしなければならない」と今季の構想外であることを明言した。武藤が今夏、移籍するのは決定的となった。
 12日のリーグ開幕戦、敵地でのウェストハム戦を前にした記者会見。武藤について質問が飛ぶと、指揮官は「ヨシは最高の男だよ。ここでは彼が思っていたようには、うまくいかなかったが、究極のプロだ。どこかへ行ってプレーしなければならないだろう。彼が試合に出ないのは健全ではない」と言い切った。
 監督がここまではっきり、移籍を示唆するのはまれ。すでに昨季まで武藤がつけていた背番号「13」は、今夏ニューカッスルが武藤の後釜として獲得したFWカラム・ウィルソンに明け渡した。武藤は契約が2022年夏まで残っているため、代わりに背番号「27」を得たが、これを背負ってプレーすることはない、と見られる。
 武藤は移籍市場が閉まる10月5日までに他クラブへ移籍するとみられる。現在、ドイツ・ブンデスリーガ1部のケルン、アウクスブルク、堂安律が期限付き移籍したビーレフェルトの3クラブが、武藤の獲得に乗り出している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ