輸入差し止め、上半期1090件 知財侵害コンピューター製品増

2020年9月12日 05時00分 (9月12日 12時33分更新) 会員限定
名古屋税関が輸入を差し止めた偽ブランド品のバッグ=名古屋市港区の名古屋港湾合同庁舎で

名古屋税関が輸入を差し止めた偽ブランド品のバッグ=名古屋市港区の名古屋港湾合同庁舎で

  • 名古屋税関が輸入を差し止めた偽ブランド品のバッグ=名古屋市港区の名古屋港湾合同庁舎で
 名古屋税関は十一日、偽ブランド品など知的財産侵害を理由に輸入を差し止めた事例が、一〜六月の上半期に千九十件(前年同期比7・5%増)あったと発表した。物品の点数は三万四千五百三点(6・2%減)に上り、上半期では二年連続で三万点を超えた。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧