本文へ移動

地域鉄道3社経営、一本化 並行開業10年後に検討

2020年9月12日 05時00分 (9月12日 05時00分更新)
 県議会は十一日、本会議を再開し、最大会派の県会自民党と第二会派の民主・みらいが代表質問した。地域鉄道三社の経営一体化について、杉本達治知事は、並行在来線の開業十年後が一つのタイミングになるとの見方を示した。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報