本文へ移動

サッカー日本代表が10月にカメルーン、コートジボワールと親善試合 オランダで無観客開催 10カ月ぶり今年初戦に

2020年9月11日 15時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月に開催する日本代表の試合について説明する反町技術委員長

10月に開催する日本代表の試合について説明する反町技術委員長

 日本サッカー協会は11日、日本代表が10月9日にカメルーン代表、同13日にコートジボワール代表とオランダで国際親善試合を行うと発表した。新型コロナウイルスの影響でW杯アジア2次予選が延期され、日本代表の試合は昨年12月の東アジアEー1選手権(釜山)以来、実に10カ月ぶりの今年初戦となる。
 日本サッカー協会の反町技術委員長がオンラインで記者会見を開き、「オランダの感染状況は、欧州の他国と比べて爆発的なものじゃない。活動するにあたって最適な場所」と説明。日本からの渡航者や日本人に対して入国後の行動に制限を設けていない点も合宿地選定の大きな理由という。
 いずれも無観客で開催する方針で、開催都市は調整中。メンバーの編成に関して、反町委員長は「日本代表はベストオブベストでやるべきだ」と語ったが、現時点では国内組がオランダに渡った場合、帰国時に2週間の待機が義務付けられているため、欧州組主体の編成になりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ