鯖江連隊で初年兵教育 勝山の木下さんが体験談

2020年9月11日 05時00分 (9月18日 12時17分更新) 会員限定
息子夫婦とともに戦場体験を振り返る木下さん(中)=勝山市内の自宅で

息子夫婦とともに戦場体験を振り返る木下さん(中)=勝山市内の自宅で

  • 息子夫婦とともに戦場体験を振り返る木下さん(中)=勝山市内の自宅で
  • 中国上陸直後の木下さん
 戦時中に日本陸軍の主力の一翼を担った鯖江歩兵第三六連隊を取り上げた本紙の連載を読んで、一人の元兵士が連絡をくれた。勝山市元町一の木下利蔵さん。中国、ベトナム、八丈島…。戦禍を生き抜いた百二歳の元兵士が、戦場体験を振り返りながら率直な思いを語った。 (藤共生)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

戦後75年の最新ニュース

記事一覧