本文へ移動

敦賀駅周辺をぐるり 観光スポットで謎解き 

2020年9月11日 05時00分 (9月11日 09時49分更新)
謎解きイベントで配布しているシート=敦賀市の敦賀駅交流施設「オルパーク」で 

謎解きイベントで配布しているシート=敦賀市の敦賀駅交流施設「オルパーク」で 

  • 謎解きイベントで配布しているシート=敦賀市の敦賀駅交流施設「オルパーク」で 
  • 謎解きのスポットなどが載っている地図
  • 謎解きスポットの一つ、銀河鉄道999「迷いの星」モニュメント=敦賀市内で

 11月29日までの土・日・祝

 二〇二三年春の北陸新幹線開業を控えるJR敦賀駅周辺で、観光スポットを巡りながら謎解きをする体験型ゲームイベント「時空列車への招待状」が今月から土日、祝日に開かれている。かつて鉄道で栄えた敦賀の観光資源や歴史を知ることができる。十一月二十九日まで。 (栗田啓右)
 ゲームは、敦賀駅交流施設「オルパーク」の特設コーナーで配布しているシートを基に、全五カ所のスポットにあるパネルに表記してある謎を解き明かしていく。全五問を解き、それぞれの答えを組み合わせると、オルパークにある「秘密のケース」を開けるための鍵の番号が導き出せる。
 謎解きスポットは、眼鏡橋やSL公園(本町第三公園)、銀河鉄道999「迷いの星」モニュメントなど鉄道にまつわる場所が多い。眼鏡橋は、今年六月に日本遺産に認定された鉄道遺産のストーリーに関連するスポットでもある。
 分からない時は、各スポットのパネルにあるQRコードをスマートフォンで読み取ると、ヒントが得られる。近隣の商店も協力し、ゲームカフェ「ヘクス・イン・ゲームズ」と「おみやげ処 敦賀かわと」の二カ所で、ヒントブックを配布している。
 イベントは市観光交流課が企画。新幹線開業に向けたにぎわいづくりの一環でもある。謎解きの作成やシートのデザインは、信州大(長野県)のサークル「信大回廊」に依頼した。一般的な謎解きや鉄道にまつわる問題も含まれる。市の担当者によると、難易度は高いという。
 いずれのスポットも敦賀駅から半径一キロ圏内にあり、歩いて楽しめる。謎解きのほかに、市職員が作成した鉄道がテーマの小説ストーリーも各スポットのQRコードから読める。
 初日の五、六日は計約六十人がゲームをクリアした。市の担当者は「家族や友人と挑戦するとより楽しめる。謎解きをしながら、敦賀の街にも興味を持ってもらえれば」と参加を呼び掛けている。
 ゲームをクリアすると、オルパークで景品がもらえる。時間は午前八時から午後七時まで。参加無料。

関連キーワード

PR情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧