本文へ移動

<九州発!河野剛志の釣り日誌>枕崎港で初秋のアオリエギング

2020年9月11日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
当日の最大。しっかりとエギを抱いて上がってきた

当日の最大。しっかりとエギを抱いて上がってきた

 初秋は1年で最もアオリイカの数釣りが楽しめる季節。イカの反応にあわせてエギを動かし、釣れたではなく「釣った」感動を味わうことができる。サイトフィッシングは一度経験したら病みつきになるほど面白い。台風がやってくる少し前に調査がてら、今季初の秋エギングに行ってきたのでご紹介したい。 (河野剛志)
 虫の声で朝夕が少し涼しく感じるようになった9月上旬。まだまだ日中は気温が高いので、午前中勝負で秋エギングを楽しんできた。
 今回の目的地は薩摩半島最南端の町、枕崎。日の出に間に合うように、午前4時から車を走らせ6時に到着した。初秋の小さなイカは夜の暗いうちは群れが散らばっており、日が昇ると集まって大きな群れになる傾向がある。イカからの反応が良くなる朝の時間帯を狙ってサイトフィッシングを楽しもうというわけだ。台風が遠く南の海上にあり、わずかながら風が気持ちいい。
 堤防近くにある沈み根の3メートル先にエギを投げて、海底付近まで15秒ほど沈ませる。そこから海面まで一気にシャクリ上げて、沈み根に隠れていたイカを誘いだす。釣りを開始して30分ほどたったころにようやく初めての魚信。

◆水面下1メートルで止めたエギ 抱きつく瞬間見えた!

 水深4メートルからシャクリ上げたエギが水面下1メートルの肉眼で見えるか見えないかの水深で止めた時に、後方からイカが近づきエギを抱く瞬間が見えた。軟らかいL調子のエギストTZ77Lで、ゆっくり竿を起こすと、グングンというイカ特有の引きだ。
 この時期はイカの触腕が切れやすいので、大きく竿をあおってアワセてはいけない。水面でプシュプシュと墨を吐き抵抗する。小ぶりではあるが1杯目はうれしい。そして同じ要領ですぐに2杯目もキャッチ。
 その後しばらく反応がなかったが、遠くに投げたエギを手前に寄せてくると、沖から30杯はあろうかというイカの群れがエギについてきた。こんな大群は、なかなかお目にかかれない。先頭の10杯は200グラム前後で、後ろの20杯は100グラムに満たないサイズだ。珍しく大きさの違う2つの群れが合流したのだろう。

◆じらして乗せた!!エギスタ2.5号赤レッドシュリンプ

 偏光グラス越しに見える一番大きいサイズを釣りたい。エギを大きく動かしイカが寄ってきたら、また動かす。すぐにイカに抱きつかせないように何度か繰り返すと、じらされたイカが思わずエギに抱きついた。1番とはいわないまでも2、3番目に大きなサイズだ。エギはエギスタ2.5号の赤レッドシュリンプ。サイトフィッシングではマーブル、金、赤とローテーションすることが多いが、他の色に反応がないときに赤テープはよく釣れる。この釣り場で2時間楽しんだあと、サイズアップを狙って坊津方面に北上した。
 堤防横の小磯に入ると、港より水がきれいでさらに釣れそうだ。外洋に面している場所は外敵の青物が多く、ワンドの奥の浅場に隠れていることが多い。
 このポイントは水深1メートルなので着水したら沈めずに、そのままシャクリ&3秒フォールで攻める。20メートルほど投げたその一投目でエギの後ろから黒い影が迫ってきてピンクのエギが消えた。
 ここでも200グラムほどを3杯追加し、サイズアップはできなかったものの、秋のエギングを楽しむことができた。今年はイカの成長が遅いようなので、台風が去って海況が落ち着いたら大物を目指してリベンジしたい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ