本文へ移動

まるで庭園、ゴルフ場に御影石

2018年11月3日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
御影石を張り、庭園のようなティーグラウンドに様変わりした13番ホール=三重県桑名市の東建多度CC・名古屋で

御影石を張り、庭園のようなティーグラウンドに様変わりした13番ホール=三重県桑名市の東建多度CC・名古屋で

 三重県桑名市のゴルフ場「東建多度CC・名古屋」は、ティーグラウンドの周囲に御影石を張る整備を進めている。既に12ホールの施工を終え、来春までに全18ホールの完成を目指す。
 この施工法は特許庁の実用新案に登録した。
 運営親会社の東建コーポレーションによると、ゴルフ場を庭園のように見て楽しんでもらおうと、これまでもティーグラウンドに花壇を設置してきた。白色系の御影石の整備により、緑の芝とのコントラストが鮮明となり、花壇の花がいっそう目立つようになったという。プレーヤーが足を滑らせないよう、石の表面に特殊加工を施す。芝刈りの難しい傾斜地に石を張り、芝面積も減ったため、補修作業の軽減にもつながった。
 同社人事管理部の佐藤和嘉さんは「プレー中に最も長く滞在するティーグラウンドの見栄えが良くなり、ゴルフをよりいっそう楽しんでもらえるようなった」と話す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ