本文へ移動

「あしたのジョー」が生まれた空間… 梶原一騎宅に眠る宝、長男が語る

2020年9月11日 05時00分 (9月11日 05時02分更新)
<「お宝」の数々 応接室> 壁一面の本棚に梶原の作品が並ぶ応接室

<「お宝」の数々 応接室> 壁一面の本棚に梶原の作品が並ぶ応接室

  • <「お宝」の数々 応接室> 壁一面の本棚に梶原の作品が並ぶ応接室
  • 若き日の梶原一騎
  • 父・梶原一騎について語る高森城さん=東京都内で(木口慎子撮影)
  • <タイガーマスク>玄関のタイガーマスク像。生前は梶原の赤坂のマンションにあった
  • <愛と誠>「愛と誠」の自筆原稿
  • <あしたのジョー>「あしたのジョー」の自筆原稿は、この1話分しか残っていない。「高森朝雄」はペンネームのひとつ
  • <死の直前に削った鉛筆>梶原が死の直前に削った鉛筆。芯が長いのが特徴だ=いずれも東京都練馬区で
  • <当時のままの玄関>玄関は当時のまま。梶原のほほ笑んでいる写真が飾られている
  • 「力石徹のモデルになった男 天才空手家 山崎照朝」
 漫画「あしたのジョー」などの原作者である梶原一騎(本名・高森朝樹)が亡くなってから三十三年。東京都練馬区の自宅には漫画ファン、格闘技マニア垂ぜんのお宝グッズが眠っている。梶原の長男・高森城さん(52)は「父が生きた証し。いつか多くの人に見てほしい」と思い出を語った。(森合正範)
 百七十坪の敷地にそびえ立つ「漫画御殿」。一九六九年、梶原が野球漫画「巨人の星」を大ヒットさせ、ボクシング漫画「あしたのジョー」の連載開始から一年半が過ぎたころ、建てた豪邸だ。
 門から玄関のたたずまいは梶原が亡くなったときのまま。愛車ベンツが止まり、玄関では梶原がほほ笑む写真とタイガーマスク像がお出迎え。高森さんは「玄関以外は当時と様変わりした」と言うが、応接室の本棚には漫画がずらりと並び、リビングにはトロフィーや記念写真が飾られている。トレードマークだったサングラスや極真空手の黒帯も保管されている。
 梶原は六六年から「週刊少年マガジン」で連載した「巨人の星」で脚光を浴び、「スポ根」ブームの先駆けとなった。従来のギャグや子ども向けの漫画の世界から「劇画」と呼ばれる作風に変化させ、人気を博した。「巨人の星」「あし...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

文化の新着

記事一覧