本文へ移動

プロ注目の中大・牧&五十幡が猛アピール!上位候補の明大・入江から先制点演出

2020年9月10日 18時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中大の牧秀悟内野手

中大の牧秀悟内野手

  • 中大の牧秀悟内野手
  • 中大の五十幡亮汰外野手
 東都大学野球の中大は10日、東京都府中市で明大とオープン戦を行い、4―1で快勝した。日本ハム、広島など7球団のスカウトが視察。プロ志望届をこの日提出した牧秀悟内野手(4年・松本第一)、五十幡(いそばた)亮汰外野手(4年・佐野日大)がつなぎ役になり、ドラフト上位候補の明大・入江大生投手(4年・作新学院)の立ち上がりに先制点を奪った。
 1回無死一塁から五十幡が右前打&盗塁、1死後に牧が四球でつないで満塁として押し出し四球で先制。牧はノーヒットながら「きょうはコントロールが乱れていましたが、入江は打つのが難しいピッチャー。直球をとらえられたので悪くはない」と話し「(プロ志望届を出し)いよいよという感じ。チームの日本一を目指して自分の結果も出したい」と22日に開幕の秋季リーグ戦をにらんだ。入江から2安打した五十幡は50メートル5秒6の足が武器。「プロ一本だったので意識は変わらない。走攻守で活躍できる選手になりたい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ