本文へ移動

愛知学泉大、全日本大学バスケ準V 18年ぶりの頂点届かず

2018年12月16日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
チーム最多の19得点をあげたアイメレク・モニィーク=東京都の大田区総合体育館で

チーム最多の19得点をあげたアイメレク・モニィーク=東京都の大田区総合体育館で

  • チーム最多の19得点をあげたアイメレク・モニィーク=東京都の大田区総合体育館で
 バスケットボールの全日本大学選手権第6日は15日、東京都の大田区総合体育館で女子決勝などがあり、愛知学泉大は東京医療保健大に76-85で敗れて18年ぶりの優勝とはならなかった。
 頂点にあと1歩届かなかった。日体大と並ぶ歴代最多タイの19回目の優勝に王手をかけていた愛知学泉大は決勝で惜しくも敗戦。チーム最多の19得点で攻撃を引っ張ったアイメレク・モニィーク(4年)は「4年生として何とかできなかったかなという気持ちが強い」と悔しさをにじませた。
 試合開始早々、ファウルトラブルで悪い流れを招いた。第1クオーターに司令塔の平野実月(2年)が2ファウルでベンチに下がったこともあり、リズムに乗り切れずに12-24とリードを許した。第2クオーターはコートに戻った平野を中心に一時は逆転するも、後半はじりじりと点差をつけられて最後は9点差で試合終了を迎えた。
 「打倒関東勢」に燃えていた。愛知学泉大は1996年から5連覇するなどこれまで18回頂点を極めた強豪だった。近年は優勝から遠ざかるだけでなく、関東以外からの優勝は2012年の大体大が最後。モニィークは「インカレ=関東という雰囲気がある。学泉は昔は連覇もしている強豪なので、その歴史を動かしたかった」と反骨心をのぞかせる。
 今年果たせなかった野望は後輩に託した。「きょうは負けたけど、後輩たちは優勝が手の届くところにあると感じてくれたと思う。きっとやってくれる」。目の前で連覇を許した悔しさを胸に刻み、来年こそかつての強豪が頂点を目指す。 (谷大平)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ