本文へ移動

次の首相、菅氏50% 共同通信世論調査

2020年9月10日 05時00分 (9月10日 05時01分更新)
 共同通信社は八、九両日、自民党総裁選の告示を受け全国緊急電話世論調査を実施した。次期首相に「誰がふさわしいか」と尋ねたところ、菅義偉官房長官が50・2%でトップ。石破茂元幹事長が30・9%、岸田文雄政調会長が8・0%で続いた。八月末の前回調査は選択肢が異なるが、石破氏が一位だった。次期首相が経済政策「アベノミクス」を継承するべきかどうかについて、58・9%が「見直すべきだ」と回答。「継承するべきだ」は33・3%だった。
 安倍晋三首相の政策を引き継ぐと訴え、総裁選で優位に立つ菅氏を支持しながらも、アベノミクスが抱える問題点は柔軟に修正すべきだとの考えが背景にありそうだ。
 自民支持層に限って見ると、菅氏支持は67・3%に達し、石破氏(21・4%)、岸田氏(7・0%)との差は拡大した。
 憲法改正に積極的な首相の姿勢を引き継ぐべきかどうかも質問。「引き継ぐ必要はない」は57・9%。「引き継ぐべきだ」は36・0%だった。
 全国一斉の党員・党友投票を見送った自民党の対応は「適切でない」の48・1%が「適切だ」の44・2%を上回った。
 自民の政党支持率は、調査手法が異なるため単純比較はできないもの...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報