働く女性にエコな支援 生理用品多様化 

2020年9月10日 05時00分 (9月10日 05時00分更新) 会員限定
ずらりと並ぶ生理用品=愛知県あま市のスギ薬局七宝店で

ずらりと並ぶ生理用品=愛知県あま市のスギ薬局七宝店で

  • ずらりと並ぶ生理用品=愛知県あま市のスギ薬局七宝店で
  • 経血をよく吸う生理用ショーツ
  • 体内に入れて経血を受け止める月経カップ
 生理用品が多様化している。主流だった使い捨ての紙ナプキン以外に、布ナプキンや経血量が多くても漏れない生理用ショーツ、経血を膣(ちつ)内で受け止める月経カップなど、繰り返し使えて環境にも配慮した商品が次々に登場。時代とともに形を変えてきた生理用品は、女性の社会進出とも軌を一にしている。(長田真由美)

ナプキン主流

 愛知県あま市のスギ薬局七宝店。吸収力や肌触りの良さをうたった紙ナプキンが並ぶ。店長の小川祐樹さん(31)によると、扱う生理用品二百〜三百種類のほとんどが、使い捨ての紙ナプキンという。
 市場調査を手掛けるインターワイヤード(東京)が二〇一三年、女性約三千三百人に実施した調査によると、自分で買う生理用品は紙ナプキンが68%で最多。膣内に挿入するタンポン21・6%、繰り返し使える布ナプキン5・3%だった。
 「生理用品の社会史」の著者で、歴史社会学者の田中ひかるさん(49)は、タンポンも多く使われる欧米と違い、紙ナプキンが多い理由を「日本の商品は性能がいいため」と話す。紙ナプキンの素材は、プラスチック製の不織布や防水フィルム、吸収材など紙おむつと同じ。主に石油由来だ。日本製は、海外商品...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報