高森出身日本画家・棚田泰生の画風の変遷たどる 時の駅で特別展

2020年9月9日 05時00分 (9月9日 11時29分更新) 会員限定
「窯場」など棚田の代表作が並ぶ会場=高森町の時の駅で

「窯場」など棚田の代表作が並ぶ会場=高森町の時の駅で

  • 「窯場」など棚田の代表作が並ぶ会場=高森町の時の駅で
 高森町下市田出身の日本画家棚田泰生(一九一六〜七七年)の特別展が、同町歴史民俗資料館「時の駅」で開かれている。八月に親族が「地元で飾ってほしい」と作品十点を寄贈したことから、同館が企画した。三十日まで。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧