鉄製のかすがい出土 各務原、熊田山北古墳群から

2020年9月9日 05時00分 (9月9日 10時36分更新) 会員限定
熊田山北古墳群1号墳の埋葬施設=各務原市埋蔵文化財調査センター提供

熊田山北古墳群1号墳の埋葬施設=各務原市埋蔵文化財調査センター提供

  • 熊田山北古墳群1号墳の埋葬施設=各務原市埋蔵文化財調査センター提供
 各務原市埋蔵文化財調査センターは八日、同市蘇原東栄町と蘇原東島町にまたがる「熊田山北古墳群」のうち、四基の発掘調査結果を発表した。一基の埋葬施設は盗掘の被害を受けておらず、副葬品がほぼ完全な形で出土。木棺(もっかん)に使われた鉄製のかすがいも、市内の古墳から初めて見つかった。 (大山弘)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧