本文へ移動

カーブ、スライダーの切れ良くするには?

2020年9月9日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】中学軟式野球のピッチャーです。キャッチャーにカーブとスライダーの切れが悪いと言われます。どうしたらいいですか。 (千代田区 S君=中1)
 【答え】中学で初めて覚える変化球はカーブかスライダーが多いと思います。どちらも打者のタイミングを外すのにたいへん有効な変化球です。これを生かすには、ある程度のストレートの速さも必要です。ストレートとの緩急の差が大きいほど打者はタイミングが取りにくくなるからです。プロの元投手コーチに聞きました。
 <カーブ>切れのいいカーブを投げるには、リリースの瞬間に親指を強く跳ね上げる感覚でひねる。プロの中にはボールを抜く感じという人もいますが、いずれにしてもボールを離す瞬間に親指で回転を加える。手の甲がキャッチャーを向いて振り下ろすと、縦のカーブ(昔はドロップと言った)になる。腕をストレートと同じ速さで振り下ろすことが重要なポイント。<スライダー>手首をあまり利かせないで横に滑らせるイメージのボール。ボールの中心よりややずらして握り、ストレートと全く同じで上から下に向かって真っすぐに腕を振り下ろす。スライダーはスリークオーターの方が投げやすいため自然と肘が下がるので気をつける。
 切れを良くするために家でもボールを持ってひねる練習をしましょう。常にひねる動作をしていると自然に神経が覚えてくれます。(慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ