本文へ移動

田中恒成“チャンバラ”特訓 ボクシング初防衛戦へ集中

2019年3月12日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田口良一との対戦を前にキレのある動きで打ち込む田中恒成=名古屋市北区の畑中ボクシングジムで(岡本沙樹撮影)

田口良一との対戦を前にキレのある動きで打ち込む田中恒成=名古屋市北区の畑中ボクシングジムで(岡本沙樹撮影)

 ボクシングで世界最速タイの世界3階級制覇を遂げたWBOフライ級王者・田中恒成(23)=畑中=は11日、元WBA、IBF統一ライトフライ級王者・田口良一(32)=ワタナベ=との初防衛戦(16日、岐阜メモリアルセンター・で愛ドーム)に向け、名古屋市北区の畑中ジムで練習を公開した。試合用のシューズを初めて履き、「あとは体重を落とすだけ。やりたいこと、やることはしっかりとやってきた」と順調な仕上がりをアピールした。
 昨年9月の世界戦以来「集中」をテーマに掲げ、パンチを瞬時にかわす鍛錬を重ねている。この日も、スポーツチャンバラで使われるような柔らかい棒を使った練習を披露した。トレーナーが頭を狙って左右から振り下ろしてくる棒に対し、柔軟に首を振ってよけ続けた。時折加わる水平に振る動きにも、頭を沈めてかわした。
 「相手のパンチをしっかり見ようと意識している。これまであまり意識したことがなかったけど、磨かれてきた実感がある」。相手のパンチをまともに食らわなければ、マットに沈むことはない。全身の感覚を究極に研ぎ澄ましている。
 対戦相手の田口に対しては「全てをかけてくるので、厳しい試合になる」と表情を引き締める。序盤から激しい打ち合いとなった木村翔(30)=青木=との前戦のような展開も「想定している」と言い「あの試合を乗り越えたからこそ、前の試合より自信がある」と話した。 (末松茂永)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ