本文へ移動

田中恒成、打ち合い上等! ボクシング初防衛戦予備検診

2019年3月14日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
予備検診を受ける田中恒成(小嶋明彦撮影)

予備検診を受ける田中恒成(小嶋明彦撮影)

 ボクシングで世界最速タイの世界3階級制覇を遂げたWBOフライ級王者・田中恒成(23)=畑中=は13日、元WBA、IBF統一ライトフライ級王者・田口良一(32)=ワタナベ=との初防衛戦(16日、岐阜メモリアルセンター・で愛ドーム)に向け、名古屋市内で予備検診を受けた。実力のある挑戦者との一戦に「激しい、厳しい試合になる」と警戒しながらも、調整は万全のようで「必ず勝つ」と自信をにじませた。
 王者は、挑戦者よりも身長は3.8センチ低い。リーチは9.5センチ、胸囲でも8センチ下回った。それでも気に留める様子はない。普段の練習から「自分より少し大きい相手をイメージしてきた」。
 田中は、初防衛の相手に決まる前から田口との対戦を望んでいた。両者がライトフライ級王者だった2017年、2人による王座統一戦が内定するも、田中のけがで白紙となった。
 今さら体格差を知ったところで、心は揺れ動かない。「自分は脚がしっかりしている。上半身がでかいか、下半身がでかいかの差」。運命の一戦は、距離感が勝負を分けそうだ。「相手はジャブがいい。距離感を警戒してやりたい。自分の距離感をつかむ感覚で」。序盤からの打ち合いも織り込み済みだ。
 本人が最も気になったのは、前戦より0.7センチ縮んだ「身長」。理由を問われると「学生的に」と言った後、少し間を置き「背の順的に…。クラスで1、2を争っていた」と話すと、学生らしく、ちゃめっ気たっぷりの笑みを浮かべた。
(末松茂永)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ