保存トロリーバスが大町到着 入念に補修作業へ

2020年9月8日 05時00分 (9月8日 11時34分更新) 会員限定
クレーンでトレーラーから下ろされるトロリーバス=大町市社のツカサ工業で

クレーンでトレーラーから下ろされるトロリーバス=大町市社のツカサ工業で

  • クレーンでトレーラーから下ろされるトロリーバス=大町市社のツカサ工業で
 黒部ダム−大町市扇沢の間で二〇一八年まで走っていた「関電トンネルトロリーバス」の現存する最後の車両が六日朝、保管されていた富山県高岡市から大町市に到着した。補修した後、早ければ十一月から扇沢駅近くの市扇沢総合案内センターに展示保存する。
 トロバスは大型トレーラーに載せ、一般道で運搬。午前八時半ごろ、補修を担当する同市社の自動車整備会社「ツカサ工業」に着いた。作業員が入念に...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

鉄道まるっと切り抜き帳の最新ニュース

記事一覧