本文へ移動

住民と愛工大、交わる場に 東郷町、ららぽーと内覧会でCG実証実験

2020年9月8日 05時00分 (9月8日 11時07分更新)
カメラでパソコンに取り込み立体化した招き猫に驚く子ども=東郷町のららぽーと愛知東郷で

カメラでパソコンに取り込み立体化した招き猫に驚く子ども=東郷町のららぽーと愛知東郷で

  • カメラでパソコンに取り込み立体化した招き猫に驚く子ども=東郷町のららぽーと愛知東郷で
  • 子どもたちの描いた絵が立体化され、バーチャルの「東郷町」の世界に投影される実証実験
 十四日のオープンを前に、東郷町春木の大型商業施設「ららぽーと愛知東郷」で七日、特別招待客や報道陣向けの内覧会があった。施設内に開設された同町のコミュニティースペース「LivR TOGO(リーブル トウゴウ)まちの窓口」では、愛知工業大のCG技術の実証実験が行われ、人気を集めていた。九日までの三日間行い、アンケートを集計する。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧