コロナ収束願う希望の光 丹南5カ所でランタン飛ばす

2020年9月8日 05時00分 (9月8日 09時39分更新)
新型コロナウイルスに関するメッセージが書かれたスカイランタンが夜空に浮かんだ=越前市の武生中央公園内の多目的グラウンドで

新型コロナウイルスに関するメッセージが書かれたスカイランタンが夜空に浮かんだ=越前市の武生中央公園内の多目的グラウンドで

  • 新型コロナウイルスに関するメッセージが書かれたスカイランタンが夜空に浮かんだ=越前市の武生中央公園内の多目的グラウンドで
 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、越前市の武生青年会議所は、希望のメッセージを書いた「スカイランタン」を夜空に浮かべるプロジェクトを立ち上げた。越前市内などで五日、スカイランタンを飛ばし、新型コロナの収束などを願う希望の光が夜空を照らした。
 同青年会議所のプロジェクトに賛同し、武生商工会議所青年部や越前市商工会青年部などの各団体も協力。越前市内で三カ所、南越前町、池田町で各一カ所の計五カ所で実施した。
 越前市の武生中央公園内の多目的グラウンドでは同日夜、風船を紙で覆い発光ダイオード(LED)ライトで照らしたスカイランタン約二百個を夜空に浮かべた。市内の児童が希望や新型コロナに関することなどを書き「コロナなくなれ」などのメッセージが書かれたスカイランタンがひもでつながれ、ふわふわと風に揺れていた。市内の女子児童(9つ)は「今までに見たことなかった。きれいだった」と話した。
 親子連れらが訪れ、写真を撮ったり、動画を撮影したりして楽しんだ。同青年会議所の担当者は「多くの人が来て楽しんで見てもらい、喜んでくれてよかった」と話した。 (中場賢一)

関連キーワード

PR情報