「神様 仏様 大野様」巨人・菅野に投げ勝っての6試合連続完投勝利が見た~い 井戸田潤が親交あるエースに熱烈エール

2020年9月8日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大野雄大について話す井戸田潤

大野雄大について話す井戸田潤

  • 大野雄大について話す井戸田潤
  • ドアラと同じ背番号1994のユニホームを着た井戸田潤

井戸田潤のドラ放談

 竜党を自負する著名人が独自の視点でドラゴンズ愛を語る企画「ドラ放談」。今回はお笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さん(47)の第2弾です。8日に先発する大野雄大投手(31)と親交がある井戸田さんは、球団新記録となる6試合連続完投勝利達成を熱望。菅野に投げ勝ち巨人を3タテして勢いに乗ってほしいと熱烈エールを送った。
 いやぁ、8日の中日対巨人戦、メチャクチャ楽しみだなぁ。大野選手と菅野選手の対決。これ、ホントに見たかった。すごくワクワクしてます。
 大野選手はここまで、球団記録となる5試合連続完投勝利。さすがですねぇ。たくましいし、頼もしい。快挙を報じた2日の中日スポーツで、同じく5試合連続完投勝利をしていた権藤博さんが「菅野に匹敵する存在になりつつある」とコメントしていました。それを読んで、マジか! これはすごいな! と、あらためて思いましたね。菅野選手はいま、日本一の投手。そんなすごい相手に投げ勝つ姿が見たい。
 大野選手が勝つと、僕は時間がある限りLINEで祝福します。最近は「神様 仏様 大野様」って打っています。5連続完投勝利の時は「神様 仏様 大野様 5連続完投、2連続完封、すご過ぎる、最高最高最高最高最高、次回またお願いします!」って打ったら、「ありがとうございます」の後に「あんまり調子に乗るなよって祖父江さんにクギを刺されました」と。それがすごくほほ笑ましかった。
 僕、祖父江選手のことを祖父さんって呼んでいるんですけど、祖父さんと大野選手の関係性がすごく好き。3年ほど前、北谷で一緒に飲んだ時、ちょっと酔った感じの大野選手を祖父さんが介抱するみたいになったんです。優しいじゃないですか。そんな関係性を見てたこともあって、「調子に乗るなよ」って祖父さんが言っているのも、何だかすごく良かった。
 大野選手を見ていると0勝に終わった2018年も頭によぎります。あの時に、1勝することの苦しさというのを味わったのではと思います。その18年のファン感謝デーも印象深い。僕もコーナーMCでナゴヤドームに行っていたのですが、明るいお祭りタイプの大野選手がひっそりしていたので、「どうしたの、あまり元気ないね」と声をかけたら、「今年はちょっとおとなしくします。来シーズン、ちょっとテングになれるように頑張るので…」って。TPOをわきまえてはしゃぐタイプですねぇ(笑)。
 8日は6連続完投を期待しますが、菅野選手に投げ勝つと、オフにFAで巨人に持っていかれるんじゃないかと怖い(笑)。まあ、これはオフの話。何とか踏みとどまってほしいと思うんですけどね。とにかく初戦を取って、巨人を3タテして、波に乗っていきたい。中日は、巨人に勝ち越しを許していない唯一のチーム。そのしぶとさを他のチームにも出してほしい!(お笑い芸人)

「忖度」してドアラと同じ「1994」を選択


 〇…中日スポーツでは「ドラ放談」のレギュラー陣にこのほど、好きな背番号を入れてのオリジナルのレプリカユニホームを作製。井戸田さんは、ドアラと同じ「1994」番を選んだ。
 「推しの選手がたくさんいるので、まあ、忖度(そんたく)した感じもありますね(笑)」と、軽妙なトークでその理由を明かした。
 ▼井戸田潤(いとだ・じゅん) 1972(昭和47)年12月13日生まれ、愛知県小牧市出身の47歳。98年12月にお笑いコンビ「スピードワゴン」を小沢一敬と結成。ピン芸としては、カウボーイのようなスタイルでハンバーグにかけたギャグを繰り出す「ハンバーグ師匠」というキャラも大人気。メ~テレの「ドデスカ!」では長年スポーツコーナーを担当。趣味は美容、三国志、バイク、ダイビング。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ