元玉飛鳥・熊ケ谷親方が後輩指導 津市の相撲クラブ訪問

2019年6月27日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中学時代に通っていた津相撲クラブで子どもたちを指導した熊ケ谷親方(後列右から2人目)、現在も指導する椿本治夫さん(後列右から3人目)(岸本隆撮影)

中学時代に通っていた津相撲クラブで子どもたちを指導した熊ケ谷親方(後列右から2人目)、現在も指導する椿本治夫さん(後列右から3人目)(岸本隆撮影)

  • 中学時代に通っていた津相撲クラブで子どもたちを指導した熊ケ谷親方(後列右から2人目)、現在も指導する椿本治夫さん(後列右から3人目)(岸本隆撮影)
 元幕内玉飛鳥の熊ケ谷親方が26日、中学時代に通っていた津市の津相撲クラブを訪れ、小学4年から中学3年までの5人を指導した。
 同クラブは椿本治夫さん(68)が40年以上も指導し、熊ケ谷親方も椿本さんの指導で中学1年のとき稽古に励んだ。最近でもクラブに通っていた梅沢忠秀(宇治山田商3年)が23日まで行われた東海高校総体で軽量級と無差別級で優勝するなど活躍している。
 子どもたちに四股の踏み方を教え、ぶつかり稽古で胸を出した熊ケ谷親方は「強くなりたいという子どもの思いが伝わってくる」と納得顔。現在は力士が2人(玉鷲と玉金剛)の片男波部屋にも「自分も通った道場なので、ここから力士になる子が出てくると盛り上がる。部屋に入ってくると活性化しますし、入ってほしいですね」と話した。 (岸本隆)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ