本文へ移動

決勝は中村匡志-副田裕斗 アーレックス杯ゴルフ

2019年7月10日 19時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
決勝での健闘を誓う中村匡志(左)と副田裕斗

決勝での健闘を誓う中村匡志(左)と副田裕斗

 昨年に発足した愛知県プロゴルフ協会(宮下稔会長)が主催する第2回アーレックス杯マッチプレー選手権(中日スポーツ後援)第3日は10日、名古屋市名東区の愛知CC東山Cで18ホールのマッチプレー戦による準々決勝と準決勝が行われ、ともに岐阜県出身の副田裕斗(25)=谷汲CC=と中村匡志(31)が決勝に進んだ。準決勝で、副田は2017年の日本アマを制した大沢和也(22)に6アンド5で快勝。中村は竹村知也(39)=ゴルフステージフリオ=を2アンド1で振り切った。決勝と3位決定戦は11日午前9時30分からスタートする。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ