本文へ移動

名工大・女性リーダーはマシンに自信 車体軽量化にエンジン排気量UP

2019年7月20日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季のマシンを発表した中部地区の4校。右手前の2人が名工大で、2年連続の女性プロジェクトリーダーの八幡さんは右端。マシンも同校製作。(後列左から)静岡大、名大、トヨタ名古屋自動車大学校の生徒たち

今季のマシンを発表した中部地区の4校。右手前の2人が名工大で、2年連続の女性プロジェクトリーダーの八幡さんは右端。マシンも同校製作。(後列左から)静岡大、名大、トヨタ名古屋自動車大学校の生徒たち

 2年連続で女性プロジェクトリーダーがチームを引っ張る名工大は、200キロのマシン重量を180キロに軽量化し、エンジンの排気量を上げ、タイヤの小径化などさまざまな改良を施したマシンで大会に挑む。プロジェクトリーダーの八幡美春さん(21)は「みんなで一丸となって車両づくりを進めています。4月から毎週練習走行を行い、かなりいい成果が出ているので、十分に優勝を狙えます」と意気込んでいる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ