三菱自岡崎、頂点へ闘志 都市対抗野球東海予選

2020年9月7日 05時00分 (9月7日 12時14分更新) 会員限定
三菱自動車岡崎硬式野球部の練習拠点である「三菱大府グランド」=大府市横根町で

三菱自動車岡崎硬式野球部の練習拠点である「三菱大府グランド」=大府市横根町で

  • 三菱自動車岡崎硬式野球部の練習拠点である「三菱大府グランド」=大府市横根町で
  • 「日本一」を目標に掲げ、チームの先頭に立つ小室主将大府市横根町で
  • 昨年の都市対抗野球大会の三菱自動車岡崎の応援の様子。応援団員もオカザえもん(左)の格好をして盛り上げた=東京ドームで(オカザえもん公式フェイスブックより)
 社会人野球の最高峰、都市対抗野球大会(十一月二十二日開幕・東京ドーム)への出場権をかけ、七月から全国各地で予選が行われている。代表チームを決める東海地区二次予選は十五日に幕を開ける。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦中止が相次ぎ、都市対抗が唯一の全国大会。コロナ禍と向き合い、会社と地域を背負って戦う三菱自動車岡崎製作所(岡崎市橋目町)の硬式野球部に意気込みを聞いた。 (土屋あいり)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧