七五三の準備、今年は早め 津島神社のちとせあめ袋詰め

2020年9月7日 05時00分 (9月7日 11時59分更新) 会員限定
ちとせあめや子ども用マスクを袋に詰めるみこたち=津島市の津島神社で

ちとせあめや子ども用マスクを袋に詰めるみこたち=津島市の津島神社で

  • ちとせあめや子ども用マスクを袋に詰めるみこたち=津島市の津島神社で
 七五三参りの季節に向けて、ちとせあめなどの袋詰め作業が、津島市の津島神社で早くも本格化している。新型コロナウイルス対策で、例年10月下旬から11月中旬に多い参拝の前倒しを呼び掛けているため。祝い袋には新型コロナウイルスに感染しないようにと、子ども用マスクも同封している。 (伊勢村優樹)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧