本文へ移動

ガーナの廃品で社会変える芸術 福井出身MAGOさんがギャラリー

2020年9月7日 05時00分 (9月7日 05時00分更新)
ガーナのスラム街に捨てられた廃品で作品を作るMAGOさん=福井市中央1で

ガーナのスラム街に捨てられた廃品で作品を作るMAGOさん=福井市中央1で

 アフリカのガーナに捨てられた電子機器などを利用して芸術作品をつくる福井市出身の美術家MAGO=マゴ、本名・長坂真護(まご)=さん(36)が六日、同市中央一の新栄商店街の一角に「マゴギャラリーフクイ」を開いた。MAGOさんは「作品がガーナの環境問題の解決や、福井の地方創生につながれば」と話している。 (波多野智月)
 幼いころから絵が好きで、ノートはいつも落書きでいっぱいだった。高校卒業後に上京し、いくつか職を変えた後、二〇〇九年ごろから新宿・歌舞伎町の路上で絵を描くライブペインティングで生計を立てるようになった。一方で現状に満足できず世界中を旅した。
 報道写真を見たのがきっかけで一七年にガーナのスラム街を訪問。大量の電子機器のごみを見て衝撃を受けた。その多くは先進国でつくられ、不法に投棄されたものだった。「スラム街の理不尽さ、日本を含めた先進国が生み出すゆがみを痛感した」。なんとかしたいと、廃品で作品を作ることを決めた。
 MAGOさんが重視するのは、ごみを減らすと同時に経済循環を生み出す「サスティナブル・キャピタリズム」という考え方。スラム街の廃品を用いた作品を販売し、売り上げの一部を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧