本文へ移動

第207回中日スポーツ・東海テレビ杯東海レディスゴルフ競技Aクラス清水V

2020年2月18日 23時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前列左からAクラス2位の永渕季子、優勝の清水小奈美、3位の鈴木裕美。後列左からBクラス2位の深谷良子、優勝の鈴木千秋、3位の長谷川道子

前列左からAクラス2位の永渕季子、優勝の清水小奈美、3位の鈴木裕美。後列左からBクラス2位の深谷良子、優勝の鈴木千秋、3位の長谷川道子

 第207回中日スポーツ・東海テレビ杯東海レディスゴルフ競技は18日、愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(Aクラス6034ヤード、Bクラス5477ヤード、パー72)で行われ、Aクラス(22人参加)はハンディ14の清水小奈美(名古屋市名東区)がネット74で連勝。Bクラス(33人)はハンディ32の鈴木千秋(みよし市)がネット66で優勝した。
 昨年の11月大会に続き、連勝した清水は「きょうはコンディションが悪くて、みなさんスコアを乱されたようですから」と謙遜した。確かに、午前中に雪がぱらつく、悪コンディション。清水も前半46だったが、後半42でまとめ、同じハンディ14の永渕をマッチングスコアで上回った。 前回の優勝はハンディ15で12年ぶりの優勝だった。ゴルフが大好きで、昨年から週1回、コーチに習うようになって徐々に上達している。「もともとドライバーは曲がらなかったんですが、習うようになってアイアンが打てるようになった」そうだ。その秘訣(ひけつ)を聞くと「左足を引いて、左軸回転で打つんです。マキロイやファウラーもやっているそうで今風スイングだそうです。コーチが振ると、かっこよく見えるし。でも、ときどき、反抗しながら習っています」と笑った。目標はもちろんシングルハンディになること。「もっともっとハンディを減らしたい」とファイト満々だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ