本文へ移動

1年生4番・内山が決勝打

2018年10月24日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回2死満塁、中前に2点適時打を放ち一塁ベース上で右手を挙げる内山(左)

7回2死満塁、中前に2点適時打を放ち一塁ベース上で右手を挙げる内山(左)

 星稜は4番・内山のバットが試合を決めた。7回2死満塁でカーブを中前に運ぶ2点適時打。今大会は調子に乗れていなかっただけに「チームを救えて良かった」と笑顔を見せた。1年生ながら名門の4番を担う。この日は前主将の竹谷理央さんから電話で助言をもらいコンパクトな振りを心掛けた。その結果が快打。「神宮(大会)では全国制覇に導ける打撃をしたい」と意気込む内山は主砲の自覚を胸に、秋の頂点を狙っていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ