人手不足解消へ、最先端介護ロボ 歩行補助など松本で展示

2020年9月5日 05時00分 (9月5日 12時15分更新) 会員限定
生活動作を支援するロボットを装着する参加者=松本市水汲のキッセイ文化ホールで

生活動作を支援するロボットを装着する参加者=松本市水汲のキッセイ文化ホールで

  • 生活動作を支援するロボットを装着する参加者=松本市水汲のキッセイ文化ホールで
 最先端の介護ロボットの展示や介護に関する講演などの「介護ロボット長野フォーラム」が四日、松本市のキッセイ文化ホールで開かれた。県内外のメーカー十二社が製品を展示し、介護スタッフら五十人が体験したり、導入に向けて説明を聞いたりした。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧