本文へ移動

8JAが合併予備契約 「レーク滋賀」来年4月誕生へ

2020年9月5日 05時00分 (9月5日 11時27分更新)
合併予備契約書への、8JAによる調印の様子=大津市浜町の琵琶湖ホテルで

合併予備契約書への、8JAによる調印の様子=大津市浜町の琵琶湖ホテルで


 大津・湖南・高島地区の八つの農業協同組合(JA)は四日、大津市浜町の琵琶湖ホテルで、来年四月の合併を目指す予備契約書への調印式を開催した。参加したのは、レーク大津、草津市、栗東市、おうみ冨士、マキノ町、今津町、新旭町、西びわこの各JA。合併が成立すれば、組合員数や貯金残高などで、県内最大の組合「レーク滋賀農業協同組合」が誕生することになる。 (土井紫)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報