本文へ移動

中日Jr.根尾先輩に活躍見せるぞ NPBJr.トーナメント開幕

2018年12月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
開会式で選手宣誓をする中日Jr.の宮本真司郎主将(左)

開会式で選手宣誓をする中日Jr.の宮本真司郎主将(左)

  • 開会式で選手宣誓をする中日Jr.の宮本真司郎主将(左)
  • 12球団ジュニアトーナメントの開会式を終え、中日Jr.の選手らを激励する根尾(右)=札幌ドームで(いずれも谷沢昇司撮影)
 NPB12球団ジュニア(Jr.)トーナメントは27日開幕し、札幌ドームで予選リーグ6試合があった。開会式では連覇を目指す中日Jr.の宮本主将が、前回2位だった阪神Jr.の西村主将と選手宣誓に臨み「スポーツマンシップにのっとり正々堂々と最後まで戦います」と力強く宣誓した。中日Jr.はこの日は試合がなかった。
 根尾が6年ぶりに札幌ドームでボールを投げ込んだ。今回は大会OBの特別ゲストとしてにこやかに始球式に臨んだが、前回はまなじりを決しての登板だった。
 2012年の第8回大会。“飛騨の怪童”根尾は優勝候補として予選リーグで巨人ジュニア(Jr.)と対戦。大会最速の128キロを出してスタンドを沸かせながら、暴投もあって1-3で敗退した。
 「力んでしまいました」と唇をかむ根尾は、翌日の広島Jr.戦で首脳陣に再登板を志願する。「130キロを出します」。敗色濃厚となった6回から4番手で2イニング。根尾は1球ごとにネット裏のスピード表示板に目をやり全力で投げた。スピードは125キロ程度止まりで、4失点を喫した。
 それでもベンチからは「昂、行け!」と声が飛び、ナインは固唾(かたず)を飲んで見守った。率先垂範のチームリーダーの夢への挑戦に異を唱える声はなかった。
  (少年野球担当・高野行正)
 【A組】
広島Jr.1-0日本ハムJr.
広島Jr.4-1ソフトバンクJr.
 【B組】
楽天Jr.3-1オリックスJr.
 【C組】
ロッテJr.1-0DeNAJr.
西武Jr.8-5DeNAJr.
 【D組】
ヤクルトJr.3-2巨人Jr.

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ