「浜松を世界に」 ユーチューバーFumiyaさん、地元で撮影

2020年9月5日 05時00分 (9月5日 05時03分更新)
地元の小中高生らとミュージックビデオを撮影するFumiyaさん(中央)=浜松市中区砂山町のサザンクロス商店街で

地元の小中高生らとミュージックビデオを撮影するFumiyaさん(中央)=浜松市中区砂山町のサザンクロス商店街で

  • 地元の小中高生らとミュージックビデオを撮影するFumiyaさん(中央)=浜松市中区砂山町のサザンクロス商店街で
 浜松市出身で、フィリピンの首都マニラを拠点にユーチューバーや俳優、歌手として活躍するFumiya(本名・三海郁弥)さん(25)が三日、同市中区の商店街などでミュージックビデオを撮影した。今秋にも世界的なオンラインイベントで発表する新曲で、「浜松を世界に広めたい」と意気込みを語る。 (篠塚辰徳)
 撮影地は砂山銀座サザンクロス商店街と、有楽街の通り。地元の小中高生やフィリピン人、商店街関係者ら十人ほどが参加し、Fumiyaさんと一緒にダンスを踊った。
 新曲は人とのつながりや絆がテーマ。Fumiyaさんは「コロナ禍で孤独や不安を感じる人が多いが、あなたは一人じゃない、ということを伝えたい」と思いを語る。
 地元でのミュージックビデオ撮影は初めて。今年六月、海外に向けて浜松の魅力を発信する「やらまいかアンバサダー」に市から委嘱を受けたこともあり、「世界に浜松をPRする絶好の機会になる」と話した。
 撮影に参加したフィリピン人の高校三年オベデンシア・ハナさん(17)=同市東区=は「うれしすぎて舞い上がってしまった。一緒に踊れて楽しかった」と笑顔を見せた。サザンクロス商店街の「まるい園茶舗」社長の鈴木勝彦さん(53)も撮影に参加。「発信力のある人に商店街を活用してもらえることはありがたい。認知度アップにつながればうれしい」と話した。

関連キーワード

PR情報