【滋賀】結婚式断念のカップルに挙式と披露宴プレゼント 近江八幡のヴォーリズ建築で

2020年9月5日 05時00分 (9月5日 05時00分更新) 会員限定
結婚式を断念した新郎新婦1組に、挙式・披露宴のプレゼントを企画した若林さん(右から3人目)ら=近江八幡市池田町のウォーターハウス記念館で

結婚式を断念した新郎新婦1組に、挙式・披露宴のプレゼントを企画した若林さん(右から3人目)ら=近江八幡市池田町のウォーターハウス記念館で

  • 結婚式を断念した新郎新婦1組に、挙式・披露宴のプレゼントを企画した若林さん(右から3人目)ら=近江八幡市池田町のウォーターハウス記念館で
  • 国有形文化財に指定され、近くにもヴォーリズが手掛けた建物が並ぶ=近江八幡市池田町のウォーターハウス記念館で
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で結婚式を断念した新郎新婦に、県内の料理店と衣装店、洋菓子店、美容室が協力して、挙式と披露宴(計百万円相当)をプレゼントすることを企画し、応募を呼び掛けている。挙式の会場は、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(一八八〇−一九六四年)が手掛けた近江八幡市内の建物。対象は一組(八人程度)のみだが、思い出に残る式になりそうだ。 (松瀬晴行)
 京料理「宮前」(近江八幡市本町)の支配人、若林俊宏さん(37)が、親交がある衣装店「スポサブランカ滋賀店」(守山市今浜町)の若井律夫さん(53)、チーズケーキの店「アンデケン」(近江八幡市鷹飼町)の島田渡さん(50)、美容室「デイズヘアー」(大津市本堅田)の山田武彦さんに呼び掛けて賛同を得た。
 プレゼントを提供する四社とも、コロナ禍の影響を受ける中、「一組だけでも新郎新婦に寄り添い、笑顔になってもらおう」との思いを込めて企画した。
 若林さんが幼稚園から高校まで、学校法人ヴォーリズ学園が運営する学校などに通ったことから、ヴォーリズ建築の建物で挙式できないか、公益財団法人近江兄弟社の理事で本部事務局長を務める藪秀実さん(5...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧