特集<生きるために 南海トラフ地震・三重>第24回 相野谷川が氾濫 どうする?

2020年9月2日 05時00分 (9月4日 18時50分更新) 会員限定
 7月に九州を襲った豪雨で、熊本県の球磨川流域が大きな被害に見舞われた。三重県内でも大雨や南海トラフ地震の影響で、堤防の決壊や越水を招く可能性はあり、対岸の火事ではない。長年、川の氾濫と闘ってきた紀宝町を例に水害への備えを学ぶ。
<中日新聞プラスの会員になると、紙面のPDFを見られます>...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

防災関連記事の最新ニュース

記事一覧