本文へ移動

右腕エース三浦が完投&3安打 東海中央ボーイズ、愛知守山に勝利

2019年3月17日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
完投勝利を挙げた東海中央の三浦=森林公園野球場で(高野行正撮影)

完投勝利を挙げた東海中央の三浦=森林公園野球場で(高野行正撮影)

 中学硬式野球のボーイズリーグ東邦ガス旗争奪大会第3日は16日、愛知県森林公園野球場ほかで3回戦があり、東海中央ボーイズは4-2で愛知守山ボーイズを下した。東海中央は三浦心空(こくう)投手(みよし市三好中3年=新学年)が完投と3安打で勝利に貢献した。
 はやる気持ちがもろ刃の剣となった。東海中央の三浦は3回、1点を先制した直後の1死二、三塁から右前に追撃の適時打。しかし、その裏、先頭打者の三塁打をきっかけに1点を失った。
 5回は三浦の右翼への二塁打を足がかりに2得点して引き離すと、その裏に失策と死球などでまた失点。三浦は「マウンドで深呼吸して臨んだけど、気持ちがフワッとしていた」と振り返る。
 しかし、不安を抱かせたのはこの2度だけ。キレのある速球と変化球で攻め続け初の完投勝利をあげた。
 竹脇賢二監督は「気持ちが強い子です。2死球は思い切って内角を攻めたから。おかげでスライダーの威力が増した」と褒める。
 はやる気持ちには訳があった。愛知守山には公式戦で2連敗中。難敵に対し三浦は「アドレナリンが出まくった」と明かした。左腕エースの筏をはじめ南遊撃手、森中堅手と3人の元中日Jr.を擁し、昨秋の中日スポーツ杯中日本選抜大会を制した東海中央。チームの柱としての自覚が右腕エースにとって全力注入の原動力だった。 (高野行正)
 ▽3回戦
東海中央ボーイズ 0020200―4
愛知守山ボーイズ 0010100―2
(東)三浦-高橋
(愛)大西、南平-毛利

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ