ゆきママ もっと身近に LINEスタンプ登場

2020年9月4日 05時00分 (9月4日 10時43分更新)
ゆきママとしずくちゃんのLINEスタンプ=白山手取川ジオパーク推進協議会提供

ゆきママとしずくちゃんのLINEスタンプ=白山手取川ジオパーク推進協議会提供

  • ゆきママとしずくちゃんのLINEスタンプ=白山手取川ジオパーク推進協議会提供

◇ジオパークのキャラ


 白山市全域がエリアの白山手取川ジオパークのイメージキャラクター「ゆきママとしずくちゃん」に親しんでもらおうと、スマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」で使えるスタンプ(税込み、百二十円)が登場した。
 市などでつくる白山手取川ジオパーク推進協議会が販売。スタンプは「がんばれ〜」や「お疲れさま」など四十種ある。ゆきママたちのかわいらしいイラストは、静岡県三島市の女性デザイナーが描いた。若者を中心に、ラインの日常会話に使ってもらう。
 ゆきママたちは、白山の雪でできたゆきママが、リュックに入った雪解け水の「しずくちゃん」を背負い、一緒にジオパークを旅しているという設定。霊峰白山の雪解け水が手取川を流れて日本海に注ぐまでの「水の旅」を表現している。
 推進協は現在、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が認定する世界ジオパークへの登録を目指している。職員は「興味を持ってもらい、ジオパークに愛着を感じてもらえれば」と期待する。(吉田拓海)

関連キーワード

PR情報

石川の最新ニュース

記事一覧