本文へ移動

啓新、「考える野球」で桐蔭学園撃破 昨秋関東覇者破り甲子園初勝利

2019年3月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
啓新-桐蔭学園初戦を突破し、笑顔でアルプス席へ駆けだす啓新ナイン=甲子園球場で(松田雄亮撮影)

啓新-桐蔭学園初戦を突破し、笑顔でアルプス席へ駆けだす啓新ナイン=甲子園球場で(松田雄亮撮影)

  • 啓新-桐蔭学園初戦を突破し、笑顔でアルプス席へ駆けだす啓新ナイン=甲子園球場で(松田雄亮撮影)
  • 1回表啓新1死二塁、先制の三塁打を放ち滑り込む穴水。三塁手川久保(黒田淳一撮影)
  • 6回表啓新1死二塁、二塁打を放つ古川。捕手清水(沢田将人撮影)
 初出場の啓新(福井)が桐蔭学園(神奈川)に5-3で競り勝ち、創部7年目で甲子園初勝利を挙げた。明石商(兵庫)は国士舘(東京)に7-1で快勝し、8強入りした2016年以来の初戦突破。初出場の大分は松山聖陵(愛媛)を4-1で振り切り、春夏通じて初勝利を挙げた。
 啓新が創部7年目でつかんだ初出場の舞台で、歴史を刻んだ。笑顔で一塁側アルプスに駆け寄りあいさつすると、選手たちは両腕を突き上げ喜んだ。
 初回から啓新ペースだった。1死二塁から「主将として引っ張れたかな」と自賛する3番・穴水の右越え三塁打、4番・竹原の左中間への二塁打で2点を先制。「足を絡めるのが、うちのスタイル」と植松照智監督(39)が胸を張るように、その後もエンドランなど機動力を生かした攻撃で、桐蔭学園の伊礼を揺さぶり、効果的に得点を重ねた。エース安積が毎回のように走者を出しながらも粘りの投球で7イニング3失点。後を継いだ浦松も2イニングを1人の走者も許さない投球で、夏の優勝経験校に主導権を渡さなかった。
 野球部の創設は、共学化した1998年以来の荻原昭人校長(52)の肝いりプロジェクトだった。初代監督には、東海大甲府(山梨)を春夏通算11度の甲子園に導いた大八木治さん(65)を充て、昨年4月からは相洋(神奈川)監督時代の教え子の植松照智監督が受け継いだ。主役不在のチームで植松監督が貫いたのは、一人一人に考えさせる野球だ。「チーム一丸とならなければ、強いチームに太刀打ちできない」。意図を持って主体的に練習に取り組ませるため、ミーティングの時間や自主練習の時間を増やした。紅白戦などの実戦で出た課題は、ポジションや学年ごとで選手が話し合う時間を設けた。
 試合前に「絶対勝って新たな歴史をつくる」と安積らが意気込んで、夢の舞台で全く物おじしなかった。「チーム全員でつかみ取った1勝なのでとてもうれしい」と笑みを浮かべた植松監督。平成最後のセンバツで啓新旋風を巻き起こす。 (佐藤健志朗)
 啓新の先発マウンドに立った安積は7回に右太もも裏がつり、交代を申し出た。「チームが勝つことがベスト。(2番手の浦松には)逆転されたとしても自分のボールを見失わずに投げてくれ、と言いました」。2回には強烈なピッチャー返しが顔付近にかざしたグラブに当たってヒヤリ。「やってやるぞ、の気持ちが強くなった」と負けん気の強さをのぞかせた。
 桐蔭学園主将の森は「打てなかった自分の責任」と唇をかんだ。この日3安打したが、悔やまれるのは2回。1点差に追い上げ、なお2死満塁で、外のボール球に手を出して3球三振に倒れた。「冷静だったら振らない球。早く追い込まれて焦った」と打ち明けた。桐蔭学園にとって16年ぶりのセンバツ。慣れない舞台で失点につながる守備のミスも続いた。「冷静でない選手が多かったけど、自分が声を掛ければ気持ちも変わったと思う。役割を果たせなかった」と硬い表情を崩さなかった。
 ▽高橋由伸前巨人監督(桐蔭学園OB、観戦に訪れ)「負けたのは残念ですけど、母校の試合を見られたのはうれしい。後輩たちに感謝している。また夏に出てほしい」
【戦評】啓新は効果的に長打が出た。1回、穴水の適時三塁打の後に竹原が二塁打を放ち2点を先制。6回は古川の二塁打で加点。9回は古川の二塁打を足場に浜中の中前打で1点を加えた。2番手の浦松が8回以降を抑えて桐蔭学園を振り切った。
 ▼啓新高校 1927(昭和2)年創立の福井精華女子学園を母体とし、62年に福井女子高として開校。男女共学となった98年から現校名になった。学校スローガンは「可能性への挑戦」で、普通科の他に調理科、ファッションデザイン科などがある。男子ソフトボール部も、昨年の全国高校総体、国体で優勝するなど強豪として知られる。野球部は2012年創部。東海大甲府(山梨)を春夏甲子園に計11度導いた大八木治・前監督の元で強化した。OBに阪神・牧丈一郎ら。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ