本文へ移動

根尾や藤原の応援歌が東邦後押し 大阪桐蔭吹奏楽部の友情パワー

2019年3月27日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東邦を友情応援する大阪桐蔭の吹奏楽部

東邦を友情応援する大阪桐蔭の吹奏楽部

 強力な友情応援が東邦の勝利を後押しした。米国遠征で駆け付けられないマーチングバンド部から依頼を受け、アルプスに並んだのは、昨年の春夏連覇を支えた大阪桐蔭高吹奏楽部の120人だ。
 「選手たちがやりやすいように」と吹奏楽部の梅田隆司監督(67)。東邦ナインが力をフルに発揮できるよう、楽曲だけでなく楽器を構えたときの脚の角度や振り付けも完全にコピーし、試合序盤を盛り上げた。
 同点に追い付かれた6回に演奏したのは、大阪桐蔭の応援歌。中日の根尾やロッテの藤原らが背に受け戦った曲が流れるとナインは奮い立った。7回も同校の応援歌が続く中、東邦はついに勝ち越した。
 決勝打を放った松井が「鳥肌が立ちました。心地よかったです」と言えば、森田泰弘監督(59)も「勇気づけられました。本当に感謝ですね」と感激。次戦も駆け付けてくれる予定で、春の頂点を目指す東邦にとってこの上ない心強い仲間が躍進を支える。 (佐藤健志朗)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ