本文へ移動

伏兵の活躍で東海大会決めた 菰野高・吉田、延長13回満塁弾

2019年4月22日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
13回表1死、吉田は左越え満塁本塁打を放つ=三重県営松阪球場で(大橋脩人撮影)

13回表1死、吉田は左越え満塁本塁打を放つ=三重県営松阪球場で(大橋脩人撮影)

 三重では、菰野と津田学園が決勝に進出するとともに、春季東海大会(5月24日から3日間、静岡・草薙ほか)出場を決めた。菰野はタイブレーク制の延長13回、8番・吉田光輝捕手(2年)の満塁本塁打で、いなべ総合に10-6で競り勝った。愛知では8強、岐阜では4強が決まった。
 誰もが驚く一発が勝負を決めた。無死一、二塁から始まるタイブレーク制の延長13回。先頭打者が送りバントに失敗し、いなべ総合に流れが傾きかけた後だった。四球で1死満塁。吉田がフルスイングした打球が、左翼の芝生席に飛び込んだ。
 「犠飛でいいと思っていた。ホッとしました」と吉田。高校入学後初の本塁打が、値千金の決勝満塁弾。ベンチに戻ると、普段は厳しく指導される戸田直光監督(56)からハイタッチで迎えられた。吉田が「うれしかった」と喜べば、戸田監督も「こちらも8番打者が打つとは思っていなかった。本当にまさか」と目尻を下げた。
 決勝では、昨秋の準決勝で1点差で勝った津田学園と対戦する。「打線がすごい。配球を厳しくしたい」と吉田。センバツ出場校を倒して2季連続で県大会を制し、勢い良く東海大会に臨むつもりだ。 
  (麻生和男)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ