本文へ移動

東邦高・石川、サイン攻めでV実感 春夏連覇目指し再びマウンドへ

2019年4月23日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
センバツ大会での優勝報告に訪れた東邦の(左から)石川昂弥主将、熊田任洋選手、藤本紀子校長、小嶋裕人部長、森田泰弘監督=中日新聞社で(中森麻未撮影)

センバツ大会での優勝報告に訪れた東邦の(左から)石川昂弥主将、熊田任洋選手、藤本紀子校長、小嶋裕人部長、森田泰弘監督=中日新聞社で(中森麻未撮影)

 第91回センバツ大会(甲子園)で30年ぶり5度目の優勝を果たした東邦(愛知)が22日、名古屋市中区の中日スポーツを訪れ、優勝を報告した。
 大会では2回戦で優勝候補の広陵(広島)に大勝。決勝の習志野(千葉)戦では、主砲でエースの石川昂弥投手兼内野手(3年)が2本塁打&完封の活躍を見せた。大会後、サインを求められることが増えたという石川は「優勝する前にはなかったこと」と改めて喜びをかみしめた。副主将として主将の石川を支えた熊田任洋内野手(3年)も「ありがとう、と声を掛けられ、優勝したと感じた」と振り返った。
 次の目標は甲子園大会春夏連覇。4月中は野手に専念する石川は、連休中の5月に行われる練習試合から再びマウンドに上がる予定。森田泰弘監督(60)は「こんなチャンスはなかなかない。やりがいを感じる」と言葉に力を込めた。 (麻生和男)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ