本文へ移動

甲子園優勝監督対決制し初の決勝 愛知黎明、金城監督も驚く躍進

2019年4月29日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 愛知では、愛知黎明と中部大第一が決勝進出を決めるとともに、春季東海大会(5月24日から3日間、静岡・草薙ほか)の出場を決めた。沖縄尚学の監督として1999年センバツで優勝し、長崎日大でも夏の甲子園4強に導いた金城孝夫監督(65)が今月就任したばかりの愛知黎明は、享栄に3-0で勝ち、春は初の決勝進出。中部大第一はタイブレーク制の延長13回、4-3で中京大中京を振り切った。
 沖縄、長崎から愛知に風が吹いた。昨秋3回戦敗退の愛知黎明が、春は初の決勝進出。「レベルが高いチームが多い中でうまくいきすぎ。実力的には雲泥の差だが・・・」。金城監督も驚く躍進で、中京大の後輩でもある享栄・大藤監督との甲子園優勝監督対決を制した。
 享栄の2年生左腕・上田に対して、6回1死まで1人の走者も出せなかった。だが、8番・片出が四球で出塁し、1番・大宮のチーム初安打で好機を拡大。続く松原主将の右翼線に落ちる2点適時二塁打で先制すると、エースの3番・大野の左前適時打で追加点を奪った。松原主将は「ここまで来られるとは思わなかった。気持ちを前面に出して優勝したい」と意気込んだ。 (麻生和男)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ