本文へ移動

ビリャレアル久保建英、練習試合ソシエダ戦先発 ドリブル突破&パスで揺さぶり2得点に貢献

2020年9月3日 10時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英

久保建英

 スペイン1部ビリャレアルに期限付き移籍した久保建英(19)は2日、レアル・ソシエダとの練習試合に先発出場。得点やアシストはなかったが2得点に関与する活躍を見せた。
 この日の久保は4―2―3―1システムのトップ下でスタメンに名を連ねると、立ち上がり2分に味方とともに高い位置からプレスをかけ、久保と同じく新加入のコクランの先制点のきっかけとなった。29分にも相手ペナルティーエリア付近での混戦で久保が素早い攻守の切り替えを見せ、そのこぼれ球に反応したゴメスが倒されてPKを獲得。これをエースのアルカセルが決めて、2―0とリードを広げた。
 その後も得意のドリブル突破とパスで相手DF陣を揺さぶった久保は後半36分に交代。高い質のプレーを見せた。スペイン紙「AS」は先制点の場面について「久保とチュクウェゼの才能によるカウンターから2分でスコアを動かすことができた」と背番号16の献身ぶりを評価した。
 試合後、久保はスペイン語で地元テレビ局の取材に応じ「チーム全体で満足しています。少しずつ適応できていると思います。今日はボールを受けることもできました。チームメートとも意思疎通が取れていますし、とてもポジティブです。どんなシステムでも、右でもトップ下でも問題ありません」とも話しており、12日のリーグ戦開幕に向けて調整は順調のようだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ