本文へ移動

愛工大、39季ぶりVなるか 愛知大学野球L、悲願に再王手

2019年5月19日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
39季ぶりの優勝に再び王手をかけて笑みをみせる愛工大ナイン=パロマ瑞穂球場で(川越亮太撮影)

39季ぶりの優勝に再び王手をかけて笑みをみせる愛工大ナイン=パロマ瑞穂球場で(川越亮太撮影)

  • 39季ぶりの優勝に再び王手をかけて笑みをみせる愛工大ナイン=パロマ瑞穂球場で(川越亮太撮影)
 愛知大学野球春季リーグ戦(中日スポーツ後援)は18日、パロマ瑞穂球場で第7週の2試合を行い、首位の愛工大は17安打の猛打で愛院大に10-1で大勝し、39季ぶり18度目の優勝に再び王手をかけた。19日の2回戦に勝てば、1999年秋以来の優勝が決まる。中京大は名城大を3-0で下した。
 投打の歯車がガッチリかみ合った。愛工大は1回にわずか5球で先制すると、最後まで手を緩めず計17安打で10得点。左肩痛が癒えた先発の中村は7イニング0/34安打1失点と好投し、愛院大を投打で圧倒した。39季ぶりのVに再王手だ。
 「打線がよう打ってくれました。ウチは先制点を取れば乗ってくるんです」と平井光親監督(52)。ナインも確かな手応えを感じており、市川主将は「全員で戦う愛工大の野球ができました」と胸を張った。
 試合前のミーティングで平井監督はこう呼び掛けた。「飛球を打たないように」。強風を考えたアドバイスは打者の耳に届いていた。王手をかけながら勝ち点を落とした第5週の中部大戦では、各打者が力のないゴロを連発。一転、この日は次々に強烈なライナーを放ち、流れをつくった。
 リズムの良さは守備にも好影響を与えた。援護を受けた中村は丁寧に低めを突く投球。1-0の3回1死一、二塁では4番の岡を二ゴロ併殺打に仕留めて窮地を脱出した。8回途中まで1失点の好投に「粘るという自分の仕事ができました」。V目前のプレッシャーをはね返した。
 スタンドのOBからは「2回戦も頼むぞ!」という声がかかった。平井監督は「次の試合も打ってもらわないと」と気を引き締めるが、ナインはその気。市川主将は「重圧は一度経験したので大丈夫です。次で決めます!」と宣言。今度は足踏みせず、頂点へ登り詰める。 (川越亮太)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ