本文へ移動

中京学院大3年ぶり全日本出場 初出場初Vの前回再現へ全員野球

2019年5月26日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3年ぶりの全日本大学野球選手権大会出場を決めて喜ぶ中京学院大ナイン

3年ぶりの全日本大学野球選手権大会出場を決めて喜ぶ中京学院大ナイン

  • 3年ぶりの全日本大学野球選手権大会出場を決めて喜ぶ中京学院大ナイン
 岐阜、三重、静岡の3県学生リーグ優勝校による東海地区大学野球春季選手権大会(中日スポーツ後援)が25日、三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で行われ、中京学院大(岐阜)が皇学館大(三重)と東海大海洋学部(静岡)に連勝し、3年ぶり2度目の全日本大学野球選手権大会(6月10日開幕・神宮、東京ドーム)出場を決めた。中京学院大は10日の神宮球場第2試合で桐蔭横浜大(神奈川)と対戦する。
 最後まで心は折れなかった。優勝がかかる第3試合の7回に同点にされた中京学院大。しかし、8回に相手守備の乱れなどで2点を勝ち越すと、2番手の高野が守り切った。勝利とともにナインはマウンドへダッシュ。すぐに歓喜の輪が出来上がった。
 「ここまできたら負けんぞという選手の気持ちが私にも分かった」と近藤正監督(71)。試合を決定付ける3点目の中犠飛を放った藤田主将も「とにかく勝ちたいという気持ちが強かった。やっと、神宮に行けますね…」と声を弾ませた。
 初出場初優勝した16年以来の大学選手権出場。吉川尚輝(現巨人)が攻守で引っ張ったチームとは一味違う。モットーは全員野球。勝利に向けて貪欲に練習し、選手すべてが同じ方向を向く。その成果が接戦でも屈しなかった2つの白星。目指すのは3年前の再現だ。
 「今回もできるだけ長く東京にいたい」と藤田主将が言えば、第3試合で好投した右腕の古田も「全員の力で一戦ずつ勝っていきたい」。自らのスタイルを崩すことなく、強豪に立ち向かう。 (川越亮太)
中京学院大(岐阜=1勝) 000101002―4
皇学館大(三重=1敗) 000010000―1
(中)長島彰-馬場
(皇)中山、若林、藤城、小野-中妻
本塁打 叺田(中)
 
東海大海洋学部(静岡=1敗) 010000000―1
皇学館大(1勝1敗) 10000020x―3
(東)孕石-山崎
(皇)脇田-中妻
中京学院大(2勝) 001000020―3
東海大海洋学部(2敗) 000000100―1

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ