本文へ移動

中部大第一、注目の磯貝4失点 県岐阜商打線の内角攻めきれず

2019年5月25日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発して8回を投げた中部大第一の磯貝

先発して8回を投げた中部大第一の磯貝

 4年ぶり出場の中部大第一は、前回出場時に続いて初戦で敗退した。注目エース・磯貝が序盤から県岐阜商打線につかまり、8イニングを投げて、10安打4失点。県大会でセンバツ優勝校の東邦打線を封じた時のような制球力がなかった。磯貝は「内角を攻めきれなかった。課題を克服し、自信を付けて、夏は臨みたい」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ